本文へ移動

ブログ

◆“大型サッシ工事”の際の【スペース】について◆

2020-07-09
Blogでもたびたびご紹介している
<大型サッシ工事>ですが
工事の進め方をご紹介いたしましょう
先ずサッシを外します 大型サッシは重いので数人掛かりで慎重に外します

この時注意しなければならないのが「窓前のスペース」

一般の「窓の工事」と違い
サッシが90度開いた状態で取り外す構造になっています

このため、作業スペースを広く取る事が必須条件となっています
サッシをこの様に“寝かせた”状態で作業に入ります
サッシの周囲で作業を行います この為さらにスペースを必要とします
なかなかイメージが掴めないと思われるので
お客様にはこのような「資料」をお渡しする事もあります
*窓の開口には90度が必要です *窓前部分は「1.5m」」程度が必要です
オフィス窓前のスペース図 <横角度版>
窓前に机などが配置されているオフィスが大半だと思われますが
作業の為以下のポイントが重要です



*窓前は1.5m程度の広さが必要です
*出来るだけ窓の近くに「2m四方の作業スペース」が必要です
*窓前の膳板上の物全て移動をお願い致します




<大型サッシ工事>の進め方をご紹介いたしました
工事をお考えの際の参考になればと思います


(株)ハセガワでは
大型サッシの工事において
ご紹介した様にスペースを広く取る必要性がある為
テナント様が退去された時点の
「窓前に什器がない状態」での
『窓の健康診断』をお奨めしております


******************************************
*詳細は、弊社HP上部のタブ「事業内容」内でご紹介しております
 <窓の健康診断>をご覧ください
******************************************
窓の不具合は小さなうちにメンテナンスを加えれば
この様な大掛かりな工事にならずに済むことが多いです

「あれ?なんか動きが悪いなぁ?」と思ったら
是非㈱ハセガワまでご連絡ください

大型サッシはとても機能性の高い優れた窓です
末永くお使いいただくためにも
こまめなメンテナンスをお考え下さい


お客様の様々な“困った”に
お応えいたします
(株)ハセガワにお気軽にご相談ください!!








TOPへ戻る