本文へ移動

ブログ

<ガラス製>の防炎垂れ壁を<不燃プラスチック製>に替える工事

2022-12-20
注目NEW
「防炎垂れ壁」という物をご存じでしょうか?

「垂れ壁」とは
天井や梁下から垂れ下がるような壁の事で
煙の流れを妨げ
有毒ガスを広げないといった効果があります

一般的に「ガラス製」の物が多く使われています



今回の現場は「ガラス製」の垂れ壁でしたが
ガラス製品は重さがある為
年々天井に負荷がかかったため
天井が下がってきていました
この為、垂れ壁を
軽量な「不燃プラスチック製」に交換しました





<施工前>
<施工中>
<施工中>
<施工中>
<施工完了>
「ガラス製」を使用した垂れ壁は
1枚につき10㎏程度の重量があります

火災、地震等の災害時に<破損><脱落>した場合には
大きな事故に直結します

簡単に割れることはありませんが
火災、地震という異常事態に対して
リスクを最小限にしておくことは重要です



「不燃プラスチック」の施工例は写真の通り

「ガラス製」の物と比べても遜色は感じられず
透明性も高く、安全性も上がりました


是非皆様の事務所も
「垂れ壁」の<材質>を見直してみませんか?


お客様の様々な“お困りごと”にもご対応いたします
是非一度、株式会社ハセガワご相談ください







TOPへ戻る