本文へ移動

ブログ

ドイツ製多機能サッシのメンテナンスの重要性

2021-08-08
連日猛暑続きで体調管理が難しいですね
皆様いかがお過ごしでしょうか
新型コロナの感染や熱中症に気を付けて
この暑い夏を乗り切りましょう!


さて、皆様が「歩いていくには遠い所」へ出掛ける場合
お使いになる移動手段は何でしょう?

公共機関を使わない場合は
自転車やバイク、自動車などを使われると思います

それらの自転車やバイク、自動車を
末永く調子を維持するためには
半年や一年おきのオイル交換や定期メンテナンスが必要です


(株)ハセガワでメンテナンスを行っている高性能サッシも
≪ドレーキップ≫や≪へーべシーベ≫の専門技術者による
<定期的なメンテナンス>をお奨めしています
高機能サッシは、このようにATゴムや部品があり、厚みもあるので、雨水や音をシャットアウトできます
お客様から窓の修理のご依頼をいただき
現場で不具合の調査をし、調整を行いますが
多くの場合、部品が破損していたり
窓が開け閉めできなくなっている状態で
施工して以来30年以上ノーメンテナンス
ドレーキップなどの高機能サッシを
使用されているお客様が多くおられます




数年に一度対応させていただいております神戸三宮の現場です
国産のサッシの対応年数は30年~45年くらいと言われております
多くのご家庭で普及している国産サッシを例にすると
35年前の国産サッシと現在のアルミサッシでは
性能の差は歴然です

震災のあった年に竣工した物件です
国産のアルミサッシは
古くなってから起こる動作不良の場合
交換可能な部品を交換し対応するか
カバー工法などによりリニューアルする方法しか
修理する方法はありません

カバー工法で交換する場合
現在のサッシの内側にアルミサッシを被せて施工するため
寸法が小さくなってしまいますし
建築基準法上のルールを守る必要があります



しかし
高機能サッシである《ドレーキップ》
たとえ30年以上前の古いサッシであっても
現在の国産アルミサッシの性能値においても
大きく見劣りすることもなく
定期的なメンテナンスを続けていただければ
建物を取り壊すその時まで
(RCの対応年数程度は)
問題なく使用できると考えています



現場で見られる不具合のほとんどは
メンテナンスしていない事に起因する動作不良等が
80%以上を占めていると思います


*点検調整作業の詳しくは
(株)ハセガワのHP上部のタブより
◆事業内容|窓の健康診断 をご覧ください


丁寧な調整によって使い勝手が格段に良くなります
全国どこでも対応いたします!

定期的なメンテナンスをご依頼いただく事により
今では部品を入手することが困難な
高性能ドレーキップ窓を末永くお使いいただけます



「壊れてから修理」するか
「定期的なメンテナンスにより壊れにくくする」かは
お使い頂くお客様の状況によって異なりますが
ご依頼いただければ
弊社がしっかりとご対応いたします



この様に
お客様の様々なご要望をお伺いし
ご予算ご要望に沿った施工を心がけております

お客様の“困った”を解決いたします
防火設備の点検、修理工事は
株式会社ハセガワへ
お気軽にお問い合わせ下さい







ビル屋根トップライト部分の漏水工事

2021-08-05
今回ご紹介するのは
ビル屋根部分に取り付けられた
トップライトの漏水工事です


雨降りの時に
風向きによって雨水が侵入する為
外部にブランコを設置して
プライマー塗装を行いました
プライマー塗装の役割は
外壁塗装を行う場合に
外壁と塗料をしっかり密着させる役割を果たします
丈夫な壁をキープする為に必要な工程です


更に、漏水の可能性が有る箇所へ
シールの打替え作業も同時に行いました
綺麗な仕上がりとなりました
株式会社ハセガワでは
この様な大掛かりな工事も行っております


お客様の“困った”にお応えいたします!
お気軽にお問い合わせ下さい‼






◆2021年 夏季休業日のお知らせ◆

2021-07-28
今年は連日猛暑が続いております
連日熱戦が続いている東京オリンピックは
皆様、ご自宅でのテレビ観戦でしょうか

早く“いつもの日本の夏”が戻る事を祈りつつ
オリンピックの話題が飛び交うあちらこちらの現場で
窓や扉のトラブルを解決している(株)ハセガワです



さて、誠に勝手ながら
下記の通り夏季休業とさせていただきます


【夏季休業日のご案内】

  2021年8月13日 (金曜日)    
 ~ 2021年8月16日 (月曜日)

8月17日(火曜日)から通常の業務再開となります



ご不便をお掛け致しますが
何卒ご了承のほど、宜しくお願い致します



厨房の防火扉を修理しました

2021-07-12
長年使われてきた扉は
色々な不具合が生じがちです
今回修理に伺った所は“厨房の防火扉”です

平成28年より『防火設備点検』が年一度行われておりますが
今回の現場は
『防火設備点検結果』により
<既存不適格>となった防火扉を改修いたしました

既存の枠は活かし扉及び自動閉鎖装置を交換
お客様のご希望されるご予算に合わせて
改修案をご提案し、修理をしてきました


*防火設備点検につきましては
 弊社ブログ
<ビルの「防火設備点検」もやってます>をご覧ください
厨房にある防火扉の為このようにかなり腐食が進んでいる状態です
扉本体も新規で取り付けました。取っ手やその他の部品で以前の扉の部品で使える分は使用しています
扉の施工が完了しました
周囲の壁色や以前の扉の色調に合わせて塗装を行います
塗装が完了しました
綺麗な仕上がりとなりました‼
この様に
お客様の様々なご要望をお伺いし
扉だけの交換
枠も含めての施工工事など
ご予算ご要望に沿った施工を心がけております

お客様の“困った”を解決いたします!
防火設備の点検、修理工事は
株式会社ハセガワへ
お気軽にお問い合わせ下さい!






消防署の工事をしました

2021-07-06
株式会社ハセガワでは
消防署の工事も直接ご依頼頂いています

今回は日本橋消防署の
『強化ガラス扉のサムターン取替え』工事と
『スライドドアの破損ガラス取替え』工事を行いました

サムターンとは、ドアの室内側についている
錠の開け閉めを行うために使う金具のことです
扉を外してサムターンを交換します
サムターンを取り外した状態です
綺麗な仕上がりとなりました
続いて破損ガラスの交換工事です
ガラスには大きなひび割れが入っています
綺麗な仕上がりとなりました
株式会社ハセガワでは
大きなビルの他公共施設の設備も
工事を行っております

お客様のイメージに合わせ
様々なご提案を致します
お気軽にお問い合わせ下さい!







TOPへ戻る