本文へ移動

ブログ

腐食によって開けづらくなった扉の修繕工事

2019-06-25
既に梅雨入りしている東京です
湿度の高い日が続いています

今朝の出勤時も強い雨が降りました
その後も降ったり止んだり…
夕方に再び雷雨の予報もあり
何かと忙しい空模様です

雨降りが続く梅雨の時期は
不具合の場所から水が侵入したり、
傷んだ箇所の錆が進んだりと
窓や扉には過酷な季節です

今回は
ビル外階段扉部分の腐食が進み
扉が開けづらくなったので
扉枠を外して新規の扉を取り付けるという
なかなか難易度の高い工事をご紹介します

これが問題の扉
腐食が進み、枠も扉も変形していました
<施工前>内側は壁が割れて剥がれ落ちそうになっています
先ずは枠を取り外し
続いて取合い部の補修をします
扉を枠から取り外す「力仕事」の開始
外壁の大理石の部分は壊さずに 慎重に取合い部分を補修していきます
腐食がここまで進んでおりました
新しい枠を取り付けます
新しい扉を取り付けた後は大理石の壁と扉枠の間を綺麗にコーキングします
扉外側のコーキングが完了しました
扉内側の壁部分もボードを貼りなおして補修しました
更にクロスを貼って仕上げます
<施工完了>扉内側
<施工完了>扉外側
この様に綺麗に補修が終わりました



㈱ハセガワでは
この様な工事にも対応しております

お客様の様々な“困った”にお応えします
扉や窓のお困りごとは
お気軽に㈱ハセガワにご相談ください!







気密性の高い窓の“エアタイトゴム”の交換作業<消防隊進入口>

2019-06-03
気持ちの良いお天気が続いております
皆様いかがお過ごしでしょうか?
6月に入り
紫陽花の花があちらこちらで
綺麗に花開いており
近づく梅雨の季節を予感させております

ここ最近の雨降りは
想像以上の雨量となる事が多く
雨に風が加わると
ちょっとした台風並みになる事もしばしば

気密性の高い窓には
雨風の進入を防ぐために
エアタイトゴムが取り付けられておりますが
経年劣化によるゴムの剥がれや割れなどがあると
そこから雨風が侵入し
お部屋を水浸しにしてしまいます




ビルの外側から見た「消防隊進入口」
特に、今回の現場のような
ビルの『消防隊進入口』のような窓は
普段は開ける事が少ない為
パッキンが固着してしまう事例が多くみられます
<消防隊新入口>の窓を開けると絵値とゴムが「ぺったんこ」でした
丁寧にエアタイトゴムを装着していきます
窓の周囲のゴムを張り替えます
取り付けたゴムが“ふっくら”しているのが分かりますか?
この様にゴムを新しく変えるだけで
雨水の進入だけでなく
外部の音も遮断され
快適に過ごす事が出来るようになります

本格的な梅雨の時期に入る前に
窓の点検をされてはいかがでしょうか



お客様の様々な“困った”にお応えします
窓や扉のお困りごとは
お気軽に㈱ハセガワへご相談ください





大型<網入ガラス>の交換工事

2019-05-14
網入りガラス
“網入ガラス”をご存知でしょうか?

ガラスの中にワイヤーが封入されているガラスの事です
ビルなどで延焼の恐れがあるラインに使われています

地震や火災、事故等で万が一ガラスに衝撃があっても
封入されているワイヤーによって
ガラス破片の飛散を極力抑え
崩れ落ちたり穴が開いたりする事を防ぐ効果があるガラスです
今回の現場では
この網入硝子の大型の物を交換しましたが
ガラスが大型である事と
建物の6階が現場である為に
大型クレーンを使用して
建物外からのガラス搬入工事となりました
警察署で<道路使用許可>を取り 大型クレーンを設置しました
通行者の安全確保の為 保安員を配置しました
電線への事故を防ぐため 保護カバーを取付けました
重量級の大型網入硝子を吊上げます
ガラスが大型で重い為 取付けにも大人数が必要となりました
ガラス一枚を設置するのも   大変な作業です
(株)ハセガワでは
この様に各所との連携が必要な
大掛かりな工事にも対応しております



お客様の様々な“困った”にお応えします
窓や扉のお困りごとは
お気軽に㈱ハセガワへご相談ください!

◆GW中の“お休み”のお知らせ◆

2019-04-23
桜の季節も終わり
新緑からこぼれる陽射しが初夏を感じさせる頃になりました
さて、もうすぐ始まるゴールデンウィーク
どのように過ごされるのでしょうか?
㈱ハセガワはゴールデンウィークの期間中はお休みをいただきます

*お休みの期間*
4月27日(土)~5月6日(月)


5月7日(火)から通常営業となります
宜しくお願い致します

防火扉の「ラッチ」を修理しました

2019-04-22
今回ご紹介しますのは
「防火扉」の<ラッチ>と呼ばれる装置を
補修した工事です

防火扉の<ラッチ>という装置は
普段は防火扉を壁に止める役割を果たしており
火災等の煙を感知した時に
煙感知器と連動して作動し
防火扉を止めていた部分を開放して
防火扉を閉める役割をしている装置です

今回の現場では
毎年のラッチの消防検査をする際には
手で開けて検査を行うのですが
その際に
壁が扉に引っ張られてしまい
壁面が隆起してしまったため
壁も併せて修理することになりました
これが隆起してしまった壁です
隆起した壁の内側を補強しました
補強した壁面の下塗りが終わりました
このように壁の補修も含めて
ラッチの補修が終わりました

弊社ではこのように器具の補修だけではなく
周辺の工事も併せて行っております

お客様の様々な“困った”にお応えします
窓や扉のお困りごとは
お気軽に㈱ハセガワへご相談ください!

TOPへ戻る